茨城県石岡市八郷地区のこんこんギャラリー(木、金、土、日、祝日オープン、11:00〜17:00)
by gkonkon
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
ギャラリー案内
ギャラリー
陶芸
木工
染織
篆刻
金工

有機農業
絵画・イラスト
個展
グループ展
ログハウス
いろいろ
イベント
八郷
リンク
お気に入りブログ
陶芸生活日記
銀の道
296我楽多製作工房週誌
やさとクラフトフェア
陶芸&版画家的田舎暮し/...
以前の記事
2019年 03月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
最新のコメント
メルヘンチックであったか..
by 鈴木道雄 at 19:01
世の中凄い人がいるものだな
by ウンコ at 04:36
コメントありがとうござい..
by gkonkon at 21:40
ありがとうございました。..
by 参加者 at 22:58
井上さま。お申し込みあり..
by gkonkon at 14:25
鴨志田さま、2名様で、参..
by gkonkon at 14:14
姜さん残念ですね。次の開..
by gkonkon at 20:30
チャンドリーさん、了解です♫
by gkonkon at 20:29
赤松さま、追加のお申し込..
by gkonkon at 22:06
赤松さま、お申し込みあり..
by gkonkon at 11:51
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


伊沢正名 新作スライドトーク「ウンコになってかんがえる」 レポート

f0011398_7463158.jpg

八郷の隣町(旧岩瀬町、現桜川市)で、野糞一万回という、究極の
エコロジーを実践し続けている伊沢正名氏のスライドトークが行なわれました。
まだ21世紀になって一度もトイレを使っていないという伊沢さん。元はキノコ
または粘菌類の写真家として世界に名を馳せていた人ですが、現在は写真家とは
名乗らず、糞土師という奇妙(?)な肩書きを名乗って日々活動中です。
美しいキノコの写真などを交えて、なぜキノコの写真を撮るようになったか、
キノコの目線から見た世界観、なぜ野糞をするようになったか、
なぜ糞土師と名乗り現在のような活動をするに至ったか、
ウンコを中心に据えた生命の循環、そして現在の糞土師の活動と
その中核をなす野糞の追跡レポートなどなどを
ユーモアを交え、しかし、真剣に語ってくれました。
f0011398_748930.jpg

夕方になるとかなり冷え込むこの季節、外では寒いのでギャラリーの中から
バルコニーのスクリーンを見るかたちで会場設営。狭いギャラリーですが
ぎゅうぎゅうでした。しかし、皆さん実に熱心に、真剣に聞いてくれました。
伊沢さんのトークショーは実は2回目。2回とも来てくれている方もいました。
実際オガクズを使って堆肥化させ飼料として利用している人、家を建築中で
トイレをどうしようか考え中の人などもいて、トークショーが終わったあとも
話が弾みました。
f0011398_7492513.jpg

そして、伊沢さんの著書の横にはこんなかわいい(?)グッズも…
f0011398_7495359.jpg

ちゃんと、いくつか売れましたよ。

ウンコになった伊沢さんの挑戦はまだまだ続きます。
この話は一度聞いて終わりではありません。
これをきっかけにうわべだけのエコではない、自分の存在に真剣に向き合う
エコロジーを考えていきましょう。

伊沢さんの活動についてもっと知りたい方は、彼の主催する糞土研究会
http://nogusophia.com/
をご覧下さい。

寒い中、ご来場下さいましたお客さま、ありがとうございました。
[PR]
by gkonkon | 2010-11-28 07:50 | イベント | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://gkonkon.exblog.jp/tb/15061004
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 小田島久則 木工と絵画展 伊沢正名 新作スライド&トーク... >>