人気ブログランキング |

茨城県石岡市八郷地区のこんこんギャラリー(木、金、土、日、祝日オープン、11:00〜17:00)
by gkonkon
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
全体
ギャラリー案内
ギャラリー
陶芸
木工
染織
篆刻
金工

有機農業
絵画・イラスト
個展
グループ展
ログハウス
いろいろ
イベント
八郷
以前の記事
2020年 03月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...
リンク
お気に入りブログ
陶芸生活日記
銀の道
296我楽多製作工房週誌
やさとクラフトフェア
陶芸&版画家的田舎暮し/...
最新のコメント
メルヘンチックであったか..
by 鈴木道雄 at 19:01
世の中凄い人がいるものだな
by ウンコ at 04:36
コメントありがとうござい..
by gkonkon at 21:40
ありがとうございました。..
by 参加者 at 22:58
井上さま。お申し込みあり..
by gkonkon at 14:25
記事ランキング
ブログジャンル


伊沢正名 新作スライドトーク「ウンコになってかんがえる」 レポート

f0011398_7463158.jpg

八郷の隣町(旧岩瀬町、現桜川市)で、野糞一万回という、究極の
エコロジーを実践し続けている伊沢正名氏のスライドトークが行なわれました。
まだ21世紀になって一度もトイレを使っていないという伊沢さん。元はキノコ
または粘菌類の写真家として世界に名を馳せていた人ですが、現在は写真家とは
名乗らず、糞土師という奇妙(?)な肩書きを名乗って日々活動中です。
美しいキノコの写真などを交えて、なぜキノコの写真を撮るようになったか、
キノコの目線から見た世界観、なぜ野糞をするようになったか、
なぜ糞土師と名乗り現在のような活動をするに至ったか、
ウンコを中心に据えた生命の循環、そして現在の糞土師の活動と
その中核をなす野糞の追跡レポートなどなどを
ユーモアを交え、しかし、真剣に語ってくれました。
f0011398_748930.jpg

夕方になるとかなり冷え込むこの季節、外では寒いのでギャラリーの中から
バルコニーのスクリーンを見るかたちで会場設営。狭いギャラリーですが
ぎゅうぎゅうでした。しかし、皆さん実に熱心に、真剣に聞いてくれました。
伊沢さんのトークショーは実は2回目。2回とも来てくれている方もいました。
実際オガクズを使って堆肥化させ飼料として利用している人、家を建築中で
トイレをどうしようか考え中の人などもいて、トークショーが終わったあとも
話が弾みました。
f0011398_7492513.jpg

そして、伊沢さんの著書の横にはこんなかわいい(?)グッズも…
f0011398_7495359.jpg

ちゃんと、いくつか売れましたよ。

ウンコになった伊沢さんの挑戦はまだまだ続きます。
この話は一度聞いて終わりではありません。
これをきっかけにうわべだけのエコではない、自分の存在に真剣に向き合う
エコロジーを考えていきましょう。

伊沢さんの活動についてもっと知りたい方は、彼の主催する糞土研究会
http://nogusophia.com/
をご覧下さい。

寒い中、ご来場下さいましたお客さま、ありがとうございました。
by gkonkon | 2010-11-28 07:50 | イベント | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://gkonkon.exblog.jp/tb/15061004
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 小田島久則 木工と絵画展 伊沢正名 新作スライド&トーク... >>